(賃貸)仲介手数料って1ヵ月はどう?

仲介手数料って無料・半額・1ヵ月と様々な金額があります。

これだけですと、無料が良いに決まってます。

どうして費用の違いがあるかわかりますか?

あやふやな知識でいる方も多いので、今一度仲介手数料についてを書きます。

原則

宅地建物取引業法で明確なルールが決められております。

賃貸での仲介手数料は以下のルールが基本となります。

報酬額
貸主 借主
賃料の0.5カ月以内 賃料の0.5カ月以内

 

不動産業者は貸主と借主の両社から最大半月分(0.5カ月分)をもらうことができます。

ただし、このルールには以下の注意点があります。

  • 貸主から報酬額を頂かない場合は借主から最大1ヵ月報酬額を受け取ることができる。

この事から、不動産業者では貸主から仲介手数料(報酬額)を頂かず、借主(お客様)から1ヵ月+消費税を頂くお店が多いです。

半額・無料

この原則が基本になりますが、貸主が大手不動産会社や資産のある貸主の場合は仲介の成立時に報酬額を出す建物もあります。このような建物の場合は、お客様から手数料を半額の対応であったり、まったく頂かなくとも対応が可能です。

注意

〇〇アパートや、小さい建物など、大手不動産でも無いし、そんなに大地主の貸主でもないのに仲介手数料が無料などの場合は、礼金に費用を上乗せしている場合もあります。必ずスーモなどインターネット上で他の会社の募集条件を確認してください。条件がおかしい場合は注意してください。

手数料による違い

これは違いはあります。不動産屋も売り上げがあって初めて商売が成り立ちます。不動産屋の仲介手数料は成約時に支払うものなので、案内のみの対応となるとただ働きとなります。案内・案内中の費用・車・駐車場代・携わった人権費など全てが契約しないとパーです。5組に1組成約しているお店や、2組に1組の成約など、成約率はお店によって異なります。成約率が低いお店=営業マンの対応が悪いとも言えます。

売上あっての対応だからこそ、不動産屋側に儲けが少ない場合には、対応が雑になる会社もあります。

  • 採寸をしてくれない
  • 同じ建物は二回見せてくれない
  • 営業時間外は対応しない
  • 郵送対応などNGで全て書類を持参しないといけない

他にも、必要書類の対応が雑で数回役所や会社に対応が必要になってしまうなって事もあります。また、貸主側や管理会社側に家賃交渉や入居日の交渉なども、儲けがない建物では本気で対応をしてくれるお店も少ないです。

手数料について

15万円以下の建物では決められた費用を支払うべきだと思います。その方が不動産会社側とも、気持ち良い仲介ができますし、また何かあった時に助けてくれると思います。それ以上の家賃の家の場合は交渉をしてみるのは良いと思います。あと数年もすれば仲介手数料が1ヵ月払うのが当たり前の時代も終わると思います。すでに、手数料を1ヵ月支払う価値のないお店(対応・サービス・営業レベル)はすでにどんどん減ってきたり、弱小してきております。文京区内でもまだ8割の不動産会社が仲介手数料が1ヵ月で、残り2割(エイブルを除く)は、独立してまもないお店や親会社があるお店のみです。正直に25万円の家を借りる時に手数料で一カ月を支払うなら、半月や無料物件を探したほうが良いです。法人契約やよほど資産があるなら別です。

まとめとして、支払う価値のある対応があるお店である場合は1ヵ月を支払ったほうがよいです。ただし高額物件や、対応に問題がある場合は手数料の交渉を事前に行ったほうがよいです。『頑張ります』は、ただの先延ばしで『ダメでした』と回答がくるのが落ちなので、ダメなら契約はやめますで良いと思います。あくまで交渉が通るなら家を借りたいと話してみてください。ただし、人気物件や新築ではほとんど交渉にのってくれないと思います。また、たくさんのお店でその対応を行って歩いていると、裏でつながりのあるお店にぶつかった場合に対応をしてくれなくなります。

この事から、交渉のしすぎは注意し、嫌われない程度に話してみてください。


関連記事


文京区に強い不動産会社

  1. No.1株式会社ベステックス

    文京区屈指の地域情報量

  2. No.2株式会社ケーコーポレーション

    売買・賃貸の共に強い古株

  3. No.3お部屋探しCAFE ヘヤギメ!

    学生に絶大な人気の若いエネルギー店


おすすめ記事